38歳からの不妊治療覚書。働きながら体外受精を経て40歳で第1子、41歳で第2子出産

私38歳が2016年から始めた不妊治療の覚書としてつづっていきます。

38歳で本格的に体外受精に取り組み、2回の採卵、5回目の移植を経て、40歳で第1子を妊娠出産しました。 生後9か月で仕事に復帰し、10か月で断乳。3か月後に生理が再開したことをきっかけに2回目の採卵で凍結保存していた第2子の胚盤胞移植を決意しクリニックに戻りました。2019年9月に2年前の凍結胚盤胞を移植し、現在妊娠中。
プロフィール
id:montbleu
ブログ投稿数
198 記事
ブログ投稿日数
190 日
読者
3 人 mamegoro