38歳からの不妊治療覚書。 働きながら体外受精を経て、現在妊娠中

私38歳が2016年から始めた不妊治療の覚書としてつづっていきます。

フランスで新型出生前診断 NIPTを受けました

願った妊娠ではあるものの、39歳という年齢。

やはり気になるのがダウン症

命の選別に繋がるということで賛否両論あるものの、育てるのは私たち夫婦。NIPTを受けることに決めました。

東京女子医科大学病院でも受けられるのですが、35歳以上であること、夫婦でカウンセリングを2回受けることが義務付けられています。費用は25万程度だったような。

その他病院ではない機関でも都内には条件なしで16万から20万程度で受けられるところがあるのですが、とあるクリニックに行ったところ、怪しすぎてやめました… 

色々と調べるとヨーロッパでは割とメジャーらしく、特にベルギーのとあるラボだと、なんと無料です。

私が訪れた怪しげなクリニックではそのベルギーのラボに血液を輸送しているそうなので丸儲けですね。ただし、血液の輸送は2日以内に届く必要があり。(これはFedExなら可能なのかもしれないですが)血液の輸送に小包と同じ輸送方法で大丈夫なのか、温度管理など不要なの?という疑問も残ります。

命を左右する診断だけにやはり信頼できるところでないと。

 

今回私たちはフランスのラボで検査を受けました。

費用は360ユーロ。自費なので保険証は不要で外国人でも受けられます。ただ、フランスでは性別を知ることは許可されていません。ベルギーでは可能みたいですが。

結果は2週間後にメールで届くとのこと。年明けには結果が届いているはずです。

 

フランス語ではDépistage Prénatal Non Invasif (DPNI) 13.18.21染色体を検査します。

f:id:montbleu:20171229055300j:image