38歳からの不妊治療覚書。 働きながら体外受精を経て、現在妊娠中

私38歳が2016年から始めた不妊治療の覚書としてつづっていきます。

NIPTの結果とマタニティオイル

新型出生前診断の結果がメールで届きました。

Negatif 陰性でホッとしました。

フランスではNIPTはほとんどの妊婦が受けているという事で、医師から受けるかどうか必ず聞かれるそう。費用も250から300ユーロあたりみたいです。
日本では年齢制限や金額面など、なかなか気軽に受けられるものではないですが早く一般的になるといいです。
ただ、個人的には受精卵の段階での検査、PGSが普及してほしいと願っています。
正常卵の着床率は7割ですから。日本の3人に1人の赤ちゃんが体外受精の今、PGSが普及すれば流産の確率も減るし、着床率も大幅にアップします。
何回も移植を繰り返すことで精神的にも金額的にも追い詰められて治療を断念する方も多いですし。
PGSも海外では一般的ですが、やはり何かと日本はハードルが高いな、と感じます。

不妊治療も高額ですし…(フランスでは無料。)

 

14週に入り、まだまだお腹は目立たないものの、妊娠線予防のためフランスで購入したマタニティ用のオイル。

f:id:montbleu:20180107232352j:image