38歳からの不妊治療覚書。 働きながら体外受精を経て40歳で出産

私38歳が2016年から始めた不妊治療の覚書としてつづっていきます。

板橋医院にて4Dエコー

前回の妊婦検診でいろいろな角度からエコーを見ていただけましたが、性別がはっきりとわからなかった…ので、主人のたっての希望で4Dエコーに行ってみることにしました。

都内にも何か所か4Dエコー受けられるクリニックあるのですが、すぐに行きたいということで、予約なしで行ける板橋医院に行きました。板橋駅東口の目の前でアクセスも良いです。

お電話で事前に確認したところ、土曜日は込むのでできるだけ早い時間10時までに来ていただきたいということだったので、9時半に到着するスケジュールで来院。

空いていたのでゆっくり見ていただくことができました。

始めに経膣エコーにて赤ちゃんを確認してから腹部エコーへ。カーテンで仕切られてますが、下は下着を取ってのエコーです。。 4Dで赤ちゃんの顔や指先まではっきり見ることができて、性別も間違いなく男の子ですね、と太鼓判。

 

ようやく性別がわかって喜びもひとしお。名前やお買い物などの準備を進められそうです。

お会計: 5000円+DVD代金1000円=6,000円