38歳からの不妊治療覚書。 働きながら体外受精を経て、現在妊娠中

私38歳が2016年から始めた不妊治療の覚書としてつづっていきます。

マタニティヨガ

マタニティヨガへ行ってきました。

マタニティピラティスは経験があったものの、長年続けていたヨガが妊娠期間中でも行えることはうれしいですね。

今回訪れたのは恵比寿のとあるマタニティヨガスタジオ。

産前産後をサポートするプログラムが豊富で安心安全なお産を助けてくれるプログラムのようです。こじんまりとしたスタジオにお腹の大きな妊婦さんがぎっしり。

だいたい妊娠20W-30W前後の方が多いみたいです。久しぶりのヨガですが、股関節、ハムストリングが固くなっていて愕然… 股関節はお産のために柔らかい方がいいようです。

ストレッチも入念に行います。

ヨガポーズとしては、やはりできるポーズ限られているので、ヴィラバドラーサナ 2、リバースウォーリア、パーシュバコナサナ、ウパヴィシュタコナサナなどシンプルですが、しっかりストレッチした後だと気持ちよく体が伸びます。

 

ヨガの前にカウンセリングもあるのですが、自然分娩をお勧めしているみたいで、大学病院で無痛分娩、というのはなかなかうまくいくものではないですよ、という先生からのアドバイス

しっかり体を作って、呼吸もしっかりマスターしておけばするっと生まれるらしいので、自然分娩でもいいかなー、なんて思い始めたりもしました。

会陰切開・吸引鉗子はやはり避けたいです…