38歳からの不妊治療覚書。 働きながら体外受精を経て40歳で出産

私38歳が2016年から始めた不妊治療の覚書としてつづっていきます。

25W:6回目妊婦検診。体重が増えすぎて注意される

6回目の妊婦検診へ行ってきました。24週以降は月に2回の検診です。産前休暇に入るまでは少し大変ですが赤ちゃんの成長の様子を見られるのはうれしい事です。

赤ちゃんの体重は957g。2週間前に比べて200gも大きくなっていました。心臓も4つの心室にわかれていることがはっきり確認でき、顔も少しずつ赤ちゃんらしいふっくらしたお顔に。

体調の変化も特になく、赤ちゃんの成長も週数より少し大きい程度ということで問題ない。との事で一安心したのですが…体重がすでに+7Kg。。。2週間でまた2kg太ってしまいました。

 

先生に「増えすぎ」と注意されてしまい、2週間後の検診で再度糖負荷試験を行う事になりました。

26週あたりでまたやりましょう、といわれていたので予定通りではあるのですが。

妊娠を言い訳に食べたいものを食べる生活ですが、食欲旺盛のためやはりコントロールが必要ですね。それから適度な運動。

 高齢妊婦なので産後の体型の戻りも悪いだろうし… 気が引き締まりました。反省。