38歳からの不妊治療覚書。 働きながら体外受精を経て、現在妊娠中

私38歳が2016年から始めた不妊治療の覚書としてつづっていきます。

東京女子医科大学マタニティクラス:2回目

3月の始めにマタニティクラス2回目に参加してきました。

今日は夫婦一緒に参加。グループレッスン式で、1テーブルに2カップルずつで月の違う赤ちゃんの模型から、赤ちゃんの重さ、何月目の赤ちゃんかを推理していきます。

その後、赤ちゃんの人形を使っておむつを替え、沐浴のビデオを見てからオムツ替えの練習や、沐浴の練習をしたのですが、3000gの赤ちゃんって重いんですよね。

お風呂は浮力があるのですが、ぷかぷかプカプカ赤ちゃんを丁寧に洗っていくのも実際やってみたら大変そう。自宅のお風呂だと腰が痛くなりそうです。

オムツ替えも人形なら楽ですが、実際は泣き叫ぶ赤ちゃん。これも慣れていくんでしょうか…。

 

休憩時間にはマタニティ体験として、旦那様に8Kgの重りをつけて立ったり座ったり、靴を履くなどの日常動作を体験してもらい、いかにマタニティさんが大変か、を体験してもらいいい機会になりました。この大変さを忘れないでほしい!

 

東京女子医科大では、4月以降マタニティクラスの内容が変わり、講義形式から、ディスカッション形式へ変わるそうです。