38歳からの不妊治療覚書。 働きながら体外受精を経て、現在妊娠中

私38歳が2016年から始めた不妊治療の覚書としてつづっていきます。

37W:12回目妊婦検診とNST

37週に入ったので今回から週1回の検診です。37週からはNSTも検査に加わるため、診察時間は長めになるとの事。10時にチェックイン。

尿検査をすませてからまずはNST(ノンストレステスト)です。お腹にモニタを張り付けて40分横になります。ドッドッという赤ちゃんの心音が聞こえてきます。いつのまにかウトウト・・・ 赤ちゃんも元気でお腹の張りもあまりないので問題ないでしょうという事で一安心。

続くエコー検査で、すでに赤ちゃんは3200g。誤差はあるものの、大きくなりすぎると難産になる可能性が高いが、子宮口はまだしっかり閉じているので、歩くとか、運動をしっかりするように、との指導を受けました。歩くとすぐお腹張っちゃうし、股関節痛くなるんだよな~。

でも赤ちゃんの大きさを考えるとあまりもたもたしていられない感じです。

今日の先生は赤ちゃんのエコー写真を撮り忘れたそうでもらえなかった…残念。

 

お会計まで終わったときには12時半すぎていました。長いといっても2時間半で済みました。

梅雨ですが、早く赤ちゃんに会うためにも頑張って歩かなければ!