38歳からの不妊治療覚書。 働きながら体外受精を経て40歳で出産

私38歳が2016年から始めた不妊治療の覚書としてつづっていきます。

38週4日: 破水して入院

昨日の明け方から昼過ぎまで続いた前駆陣痛ですが、夕方からまた再発。

そしてその日の明け方の頃に破水のようなバシャっとした感覚で目が醒める。慌ててトイレへ行き確かめるとパンツはビッショリ濡れているがアンモニア臭ではないので、破水を疑い病院へ電話。

すぐ来てくださいと言われて病院へ。内診の結果、子宮口は1cm開いていて、ただ羊水の反応は出なかった。破水の疑いはあるが断定てきない。一旦家に戻りダラダラと水が流れ出るようならまた連絡くださいということです一旦帰宅。

 

チョロチョロと流れてくるが、大丈夫そうなのでマタニティヨガへ。その帰り道、水風船が割れるようにバシャッと水が流れ出る。ショートパンツはびっしょり靴の中まで滴るくらいの量。

これは間違いなく破水と確信して病院へ電話。

内診の結果破水との事で即入院となりました。