38歳からの不妊治療覚書。 働きながら体外受精を経て40歳で出産

私38歳が2016年から始めた不妊治療の覚書としてつづっていきます。

38週4日、帝王切開にて出産

即入院となりましたが、翌日も子宮口が全く開かず陣痛促進剤の投与が朝から始まりました。

11時頃まではまだ余裕があったものの、昼過ぎから痛みが強くなり、さらに寒気。熱が出てきたようです。震える程の寒気で計測したら39.9度。

破水から感染したようです。

このままでは赤ちゃんにも感染が広がる可能性があるという事で、午後3時半に帝王切開が決定しました。

陣痛に耐えながら、40度近い熱で意識は朦朧。

手術室へ移動するも意識があまりはっきりしていませんが、今度は手術への恐怖で震え…

お腹を切り始めて30分程で赤ちゃんに出会う事が出来ました。

 

自然分娩を目指してマタニティヨガも頑張りましたが、赤ちゃんに危険が及ぶ可能性が高かったため、仕方のない選択。とにかく元気に生まれてきてくれてありがとう!