38歳からの不妊治療覚書。 働きながら体外受精を経て40歳で出産

私38歳が2016年から始めた不妊治療の覚書としてつづっていきます。

育児休業給付金の申請書がやっと届いた

育児休業給付金の申請書類が会社から届いたのは子供がもう4ヶ月になる、という頃。

正直すっかり忘れていました…

てっきり会社でもう申請してくれているのかと思っていたらまさかのこれから…。そして必要書類にあった病院での出産を証明する欄へのサインをもらうまでに1ヶ月半かかると言われました。

給付金もらう頃にはもう復帰しちゃうんですけど…。

堪り兼ねて健康保険組合に電話したけれど、これに替えられる書類はないとのこと。特に期限はないのででき次第でいいですよ、と。のんびりしてます。

 

赤ちゃんが生まれてあれもこれも買わなきゃ、という時にお金が振り込まれないなんて、なんだかなあ。

さらに私の場合は会社からマイナス給与として赤ちゃんが3ヶ月の時に何十万円もの振込を求められたり、踏んだり蹴ったりでした。(住民税の建替分だそうで、会社によっては会社が建替て請求されない場合もあるそうです)

 

もちろん、遅くなったとしてもお金がもらえるのは有難い。ただ、もし蓄えがなかったら、乳飲み子を抱えて途方に暮れてしまう。

ネットで調べると皆さん生後5ヶ月頃にやっともらえた、という感じみたいなのでそれが当たり前なのでそのつもりで、という事なのですね…。