38歳からの不妊治療覚書。 働きながら体外受精を経て40歳で出産

私38歳が2016年から始めた不妊治療の覚書としてつづっていきます。

28W:8回目妊婦検診

28週目の妊婦検診へ行ってきました。

3週間ぶりです。産休の引き継ぎが始まり、遅れて出社する事ができなかったため、変更せざる得なくなりました。

東京女子医科大学の再診受付に予約変更の電話を入れたのですが…まったくつながらず、ずっと話し中。ようやく繋がった!と思ったら、音声案内で散々待たされ、何度かギブアップして、15時頃にかけたらようやく繋がりました…。予約の変更だけでこんなに大変だなんて…。

 

3週間ぶりの検診でしたが、

今回の検診で初めて尿から糖がでてしまった…。週末に苺食べすぎたかな?

ただ、先生によると初めてだし、糖負荷検査もクリアしているから次の検診の時に大丈夫だったらそんなに問題ではないよ、との事。検診日の前日と当日は甘いものを控えるように言われました。

赤ちゃんは順調に育っていて1620g。標準より少し大きいそうですが、大きくなりすぎるようだったら、予定日前に陣痛促進剤で出産を早めたほうがいいかも、との事でした。

赤ちゃんは前回逆子(骨盤位)だったのですが、頭位に戻ってくれていて一安心。

次回はGW明けの検診。産休に入る前の最後の検診です。