38歳からの不妊治療覚書。 働きながら体外受精を経て40歳で出産

私38歳が2016年から始めた不妊治療の覚書としてつづっていきます。

3.4ヶ月乳児検診

3.4ヶ月乳児検診へ行ってきました。

受付は8:45から10:00まででしたが、10時ギリギリの到着。入り口にはベビーカーがずらり。

赤ちゃんの泣き声が聞こえます。

 

まずは保育士と思われる方と面談です。

あらかじめ記入しておいたアンケートをもとに、赤ちゃんとの生活や、悩み相談など。

睡眠不足以外に特に悩みもなかったので、身体測定へ。体重、身長、頭囲、腹囲の計測。その後先生との診察に進みます。

先生による診察は聴診器で腹部背中の聴診。腹部の触診。仰向け、うつ伏せにした時の首すわりの様子や股関節、喉のチェック。音の鳴るオモチャを使って反応を見たり、という診察でした。

途中まではご機嫌にしていたものの、後半嫌いな姿勢をとらされたからか、泣き出してしまいました…

お洋服を着て無事に終了。会場を出たのは12時。2時間かかりました。