38歳からの不妊治療覚書。働きながら体外受精を経て40歳で出産。現在第2子妊娠中

私38歳が2016年から始めた不妊治療の覚書としてつづっていきます。

妊婦検診:4回目

4回目の妊婦検診へ行ってきました。次週から24週目に入るのでからは1か月に1回の検診が月に2回となります。JR東京病院は週末検診に行けないため、休みを取って通っているので産前休暇に入るあと2か月ちょっとは少し大変です。

心配していた体重ですが…なんと前回の検診から3㎏も増加…看護師さんに体重計の間違えかもしれないから測りなおして!と言われ測りなおしたもののやはり同じでした… 先生にも増えすぎと注意されて助産師さんから指導を受けるように、との事。

 

1か月ぶりに対面した赤ちゃんは週数相当で元気にしていました。
性別も判明。今回も男の子です。

ここのところ胎動も力強く感じられるようになって元気にはしているのだろうとは思っていましたが、実際に映像で見ることができるとやはり安心します。

 

診察の後、助産師さんとお話ししたところ、体重は次回の約3週間後の診察まではキープするように、とのお達し。さもなくば糖尿病の検査をする…ということでした。

それは嫌だ! 定期的な運動がなくなったのに今まで通りかプラスアルファ食べている、というのはやはり大きいようです。

パン食中心の食生活も指摘されたのでひとまず明日の朝食から玄米食に切り替えます。

ジム通いも無理ない程度で再開しないと…!

妊娠6か月目最終週:23週目の体調

6か月目の最終週、23週もそろそろ終わりに近づいてきました。

20週過ぎたあたりから、動きすぎるとお腹が張る、軽い尿漏れなどのマイナートラブルが発生してきて、今も続いています。

前回の妊娠の際はこの時期便秘だったのですが、今回は快腸が続いています。子宮によって腸が押されているから?理由はよくわかりませんが、お通じがいいというのは体重の増えすぎにもいいですし何より。

 

疲れやすさわ相変わらず。でも食欲はすごくあるのに、週末にジムに行くこともあまりできなくて来週の妊婦検診での体重測定が怖いです…

確定申告の準備:移植周期の費用

確定申告の季節近づいてきました。
2019年にかかった医療費の領収書の整理を始めていますが、改めて今回の移植にかかった費用を計算してみました。

ざっと書き出してみただけで移植周期1周期分はこんな感じでしょうか。

スクリーニング、更新料はは年1回なのでこれらを除いて、再判定日までの金額としても移植周期1周期で約25万円はかかることがわかります。

 

スクリーニング検査:24,840

生理1日目受診:3,240

胎盤胞凍結費用更新費:(1年間):54,000

凍結胚盤胞移植費用:192,720

判定日(血液検査・内診):14,050

再判定(血液検査・内診):21,540

胎嚢確認(血液検査・内診):14,380

心拍確認(内診):14,380

卒業日(内診):39,860

妊娠中でも飲める花粉用アレルギー薬

鼻かぜが治る気配がなく、また悪化して副鼻腔炎になってしまう前に耳鼻科を受診しました。鼻をかむと鼻血が出るし…

最近は土曜日も開いている病院が増えて助かります。

先生の診察の結果、風邪もあるけどアレルギーの疑いが強いとの事。もうスギ花粉は飛んでいるらしいです。アレルギーを抑えるお薬と点鼻薬を処方していただきました。

ザイザルは妊娠していても問題ないそうですがやはり妊娠初期には飲めないそうです。6か月なので飲んでも大丈夫との事で処方していただきました。

点鼻薬で早速鼻水が落ち着きました!

f:id:montbleu:20200125212551j:image

 

また風邪をひいてしまいました…

20週目、妊娠6か月目に入り、出産までの折り返し地点まで来ました。

年末年始の休みでこじらせていた風邪がやっと治った!と思ったら子供の風邪をもらってしまったみたいでまた鼻水が…喉も腫れているみたいです。

妊娠してからというもの、鼻かぜをこじらせて副鼻腔炎になる、というパターンを繰り返しているので今回も同じパターンの予感です。
さらにここ数日子供の胃腸炎の影響なのか、胃の調子がまた悪く夜ご飯を消化できずに吐くことがここ2日ほど続いています。

 

すでに胎動もしっかり感じるようになっているのに、体調のいい日がほとんどなく…運動もできない状態で体力がどんどん落ちて行っているのがわかります。

こんな状態で出産を迎えられるのか…と、とても不安です。

糖負荷検査と妊婦検診3回目

前回の妊婦検診で引っかかった血糖値の検査としてまた、糖負荷検査を受けてきました。前日の20時から絶食ですが、幸い?胃の調子が悪くて食欲がなかったのですんなり絶食できました。

第一子の際、東京女子医科大学病院で受けた検査では2回糖水を飲みましたが、JR東京病院では糖水は1回で飲む前、60分後、120分後の3回の採血で終わりました。

朝は8時20分には採血室前に到着したのですが、35分からの受付なのに番号は30番第…

まあ採血自体は流れ作業なので10分待ち程て自分の番に。採血の椅子で看護師さんの目の前で糖水を飲みほして、1時間の待ち時間の合間に妊婦検診。赤ちゃんは元気でしたが、性別はわからず。

 

その後、さらに1時間の待ち時間の間に会社へ提出する妊娠証明書などの作成手続きを依頼しているとあっという間に12時過ぎ。やはり半日の検査となってしまいました。

帰り道は病院後の定番ご褒美。おひつ膳たんぼのおひつランチ。お米が美味しすぎてついつい食べ過ぎてしまいます。

 

肝心の糖負荷検査の結果ですが、問題なし。ホッとしました。

負荷血糖/前:82

負荷血糖/60分:101

負荷血糖/120分:89

 

本日のお会計:4,630円(診断書込み)

頭痛が続く…

16週頃から頭痛が頻繁に起こるようになりました。頭が痛いと他の事に集中できないし、酷くなってくると吐き気もしてくるので油断できません。

飲んでもいい鎮痛剤を処方されてはいるものの、連日の使用はなんとなく憚られて… 2日に一度程度にとどめてカロナール、Doliprane(ドリプラン)を服用しています。

手放せません。