38歳からの不妊治療覚書。 働きながら体外受精を経て40歳で出産

私38歳が2016年から始めた不妊治療の覚書としてつづっていきます。

育児休業給付金の申請書がやっと届いた

育児休業給付金の申請書類が会社から届いたのは子供がもう4ヶ月になる、という頃。

正直すっかり忘れていました…

てっきり会社でもう申請してくれているのかと思っていたらまさかのこれから…。そして必要書類にあった病院での出産を証明する欄へのサインをもらうまでに1ヶ月半かかると言われました。

給付金もらう頃にはもう復帰しちゃうんですけど…。

堪り兼ねて健康保険組合に電話したけれど、これに替えられる書類はないとのこと。特に期限はないのででき次第でいいですよ、と。のんびりしてます。

 

赤ちゃんが生まれてあれもこれも買わなきゃ、という時にお金が振り込まれないなんて、なんだかなあ。

さらに私の場合は会社からマイナス給与として赤ちゃんが3ヶ月の時に何十万円もの振込を求められたり、踏んだり蹴ったりでした。(住民税の建替分だそうで、会社によっては会社が建替て請求されない場合もあるそうです)

 

もちろん、遅くなったとしてもお金がもらえるのは有難い。ただ、もし蓄えがなかったら、乳飲み子を抱えて途方に暮れてしまう。

ネットで調べると皆さん生後5ヶ月頃にやっともらえた、という感じみたいなのでそれが当たり前なのでそのつもりで、という事なのですね…。

3.4ヶ月乳児検診

3.4ヶ月乳児検診へ行ってきました。

受付は8:45から10:00まででしたが、10時ギリギリの到着。入り口にはベビーカーがずらり。

赤ちゃんの泣き声が聞こえます。

 

まずは保育士と思われる方と面談です。

あらかじめ記入しておいたアンケートをもとに、赤ちゃんとの生活や、悩み相談など。

睡眠不足以外に特に悩みもなかったので、身体測定へ。体重、身長、頭囲、腹囲の計測。その後先生との診察に進みます。

先生による診察は聴診器で腹部背中の聴診。腹部の触診。仰向け、うつ伏せにした時の首すわりの様子や股関節、喉のチェック。音の鳴るオモチャを使って反応を見たり、という診察でした。

途中まではご機嫌にしていたものの、後半嫌いな姿勢をとらされたからか、泣き出してしまいました…

お洋服を着て無事に終了。会場を出たのは12時。2時間かかりました。

乳児ワクチンの接種

出生から2ヶ月で始まるワクチンの接種に行ってきました。

役所の行き違いで書類が届かず、すでに3ヶ月なので、大幅な出遅れとなってしまいましたが、

ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合、ロタウイルス(経口接種)、B型肝炎を受けてきました。

両腕に2本づつとロタウィルスは液体状の飲み薬。注射針は細いですが、やはり大泣き…。

見ている方が辛かった… 

採卵周期に自己注射した時と似たような注射器だったので辛い痛みを思い出しました。

 

ただ、小児病院なので、先生も手際よくあっという間に注射も終わり、すぐにけろっとしていたからひと安心。副作用が起きないか、院内にて30分様子を見て帰宅。

翌日は少し熱が出ましたが、午後にはすっかりご機嫌に。

次回はまた一月後です。

入院4日目の祝膳

出産から数ヶ月が経過してしまいましたが、忘れないうちに入院中の出来事を残しておきたいと思います。

赤ちゃんが生まれて4日目に祝膳を頂きました。

入院1日目、朝食はお茶のみでした…。

出産前日の帝王切開手術が始まる3時半まで、午後からは水一滴も飲めず… 喉が乾いてきつい。喉の渇きを訴えたら、うがいのみさせてもらえましたが、点滴での水分ほ翌朝まで絶食。

2日目の朝、昼食は重湯。昼食からお粥になり、3日目から通常食でした。

病院なので贅沢言えませんが、食事が美味しくなくて元気でませんでしたが、この祝膳で慣れない授乳と寝不足で疲れ切っている身体が少し元気になりました。暖かい焼き魚が美味しかった!

 

f:id:montbleu:20180707134156j:image

出産から3ヶ月。抜け毛が始まる…

あっという間に出産から3ヶ月がたってしまいました。赤ちゃんもすくすく育ち、今や7kgオーバー。

私も帝王切開の術後の痛みもすっかり忘れて運動したり、体重も産後1ヶ月で妊娠前の体重に戻ったため、お洋服も妊娠前のファッションが楽しめるようになりました。

意識的にダイエットしたわけてはなく、本当に食べる時間が… 退院から1週間は1人だし、今も基本ワンオペ育児。高齢出産なので、親も高齢のため、頻繁に頼ることができず…

睡眠は減り、育児休暇中で基本家にいる生活は仕事をしていた頃とは全く違うものですが大変さは聞いていたから想定の範囲内

 

ようやく赤ちゃんとの生活にも慣れて余裕が出てきたなぁ、と思っていたら。

ちょうど3ヶ月目あたりから髪の毛がごっそり抜け始めました… シャンプーすると排水溝に髪の毛がごっそり、ドライヤーで乾かす時も、ブラッシングでもかなり抜けおちます。

産後の抜け毛は知っていたのですが、2.3ヶ月後とは知らずに、私は抜け毛大丈夫だな!なんて安心していました。

このペースで抜け落ちたら大変、なので、悪あがきとは思いつつ育毛剤を購入しました。

f:id:montbleu:20180925205204j:image

38週4日、帝王切開にて出産

即入院となりましたが、翌日も子宮口が全く開かず陣痛促進剤の投与が朝から始まりました。

11時頃まではまだ余裕があったものの、昼過ぎから痛みが強くなり、さらに寒気。熱が出てきたようです。震える程の寒気で計測したら39.9度。

破水から感染したようです。

このままでは赤ちゃんにも感染が広がる可能性があるという事で、午後3時半に帝王切開が決定しました。

陣痛に耐えながら、40度近い熱で意識は朦朧。

手術室へ移動するも意識があまりはっきりしていませんが、今度は手術への恐怖で震え…

お腹を切り始めて30分程で赤ちゃんに出会う事が出来ました。

 

自然分娩を目指してマタニティヨガも頑張りましたが、赤ちゃんに危険が及ぶ可能性が高かったため、仕方のない選択。とにかく元気に生まれてきてくれてありがとう!

38週4日: 破水して入院

昨日の明け方から昼過ぎまで続いた前駆陣痛ですが、夕方からまた再発。

そしてその日の明け方の頃に破水のようなバシャっとした感覚で目が醒める。慌ててトイレへ行き確かめるとパンツはビッショリ濡れているがアンモニア臭ではないので、破水を疑い病院へ電話。

すぐ来てくださいと言われて病院へ。内診の結果、子宮口は1cm開いていて、ただ羊水の反応は出なかった。破水の疑いはあるが断定てきない。一旦家に戻りダラダラと水が流れ出るようならまた連絡くださいということです一旦帰宅。

 

チョロチョロと流れてくるが、大丈夫そうなのでマタニティヨガへ。その帰り道、水風船が割れるようにバシャッと水が流れ出る。ショートパンツはびっしょり靴の中まで滴るくらいの量。

これは間違いなく破水と確信して病院へ電話。

内診の結果破水との事で即入院となりました。